ザ・バレコン主宰 藤田 彰彦

最近、本をもらった。僕と同じ世代の女性が書いたもので、長い人生の間の経験をもとにいろいろな教訓を受けることが出来た。
そのなかのひとつ、人間は・・になる。ことは簡単だ。でも、・・である。ということはとても難しい!と書いてある。
例えば、「バレリーナになる」ことは出来るかもしれない。でも、「バレリーナである。!」 と言い切ることは、とても難しいことだ。そりゃ、努力すれば何にでも「なる」ことは出来るはずだ。でも、バレリーナで「ある」。と言うことは、他人がそれを認めることであって、自分で認めることではない。そしてなにより、責任というものがうまれる。ここが難しい!
ザ・バレコンに参加することも同じと思う。
これは自分が決めたことだから努力する、バレリーナになる。ことは当然のことだ。しかし、他の人が観て決めるこのバレリーナであることは、そう簡単にはいかないものだ。
私はバレリーナになる!そして、私はバレリーナである!と責任を持って言える日に向かって私たちは日々努力しなければならない。
美しいバレリーナが一人でも多く誕生することを夢見ながら!!